「Airレジ」リニューアルに伴うよくあるご質問

「Airレジ」「レストランボード」の使用方法について

2016年5月10日(火)よりリリースいたしました「Airレジ」「レストランボード」の使用方法についてのお問い合わせが増えております。
初期設定や使い方は こちらのマニュアル をご確認ください。

「Airレジ」リニューアル、「レストランボード」リリースについてのよくあるご質問をまとめました。

Airレジは、どう変わるのですか?

Airレジアプリは2016年5月10日より、会計機能がより充実した「Airレジ」と飲食店をはじめ様々な業種の予約業務でご利用いただける「レストランボード」の2 つのアプリとして生まれ変わります。それぞれの業務に特化することにより、今後は必要に応じて各アプリをご利用いただくことになります。

これまでの予約情報や設定情報は、自動でレストランボードアプリへ引き継がれます。
また、新しい「Airレジ」と「レストランボード」は、iOS端末(iPad または iPhone) のみでの提供となります。

Androidをご利用のみなさまへ

平素よりAirレジをご愛用いただきまして誠にありがとうございます。
Android版 Airレジアプリは、2016年7月19日 AM9:00をもちましてサービスの提供を終了いたしました。

なお、お客様の会計・設定などのすべてのデータは、クラウド上に保存されているため、Android版Airレジアプリの提供終了後も削除されることはありません。iOS版Airレジアプリから現在ご利用中のAirID(アカウント)でログインいただければ、引き続きそのままご利用いただけます。

テーブル管理機能とは何ですか?

メニュー()>設定>店舗情報ページ内の「3.オプション」で「席管理」が有効になっている場合、テーブル管理機能を利用しています。

席管理設定が有効になっている場合、Airレジアプリにログイン後、最初に表示される画面がテーブル管理(席管理)画面になります。
テーブル管理画面は、下記のような画面になります。

※こちらの機能は、Ver2.0.0からレストランボードアプリで提供されます。

予約台帳機能とは何ですか?

メニュー()>設定>店舗情報ページ内の「3.オプション」で「予約台帳」が有効になっている場合、予約台帳機能を利用しています。

予約台帳設定が有効になっている場合、Airレジアプリのメニュー()に「予約台帳」というメニューが表示されます。
予約台帳画面は、下記のような画面になります。

※こちらの機能は、Ver2.0.0からレストランボードアプリで提供されます。

飲食店ではありませんが、テーブル管理機能を利用していました。今後どうしたらいいですか?

複数の伝票を同時に扱いたい場合は、Airレジの保留伝票機能をご利用ください。

予約者名や滞在時間などのテーブル情報も伝票に紐付けて管理したい場合は、レストランボードをご利用ください。

飲食店ではありませんが、予約台帳機能を利用していました。今後どうしたらいいですか?

今まで使用していたテーブル情報や予約情報が全てそのまま継続して利用できますので、レストランボードのご利用をオススメします。

 

 

費用はかかるのですか?

「Airレジ」「レストランボード」は、どちらも無料アプリです。お持ちのAirID(アカウント)でレストランボードもすぐにご利用いただけます。

事前準備は必要ですか?

業務に支障が出るため、下記の作業を必ず実施ください。

(1)アプリの自動アップデートをオフにする(1分)

新しいAirレジアプリをアップデートすると、初回起動時にデータの引き継ぎ作業がはじまります。引き継ぎ作業は数秒~5分程度の予定ですが(アクセス状況によってはさらに時間がかかる場合がございます)、この間Airレジをご利用いただけません。閉店後や定休日など業務に差し支えのない時間帯にアプリのアップデートを実施していただける様、事前にアプリの自動アップデート設定をオフにしていただくようご案内しています。

また、最新版のAirレジアプリ、レストランボードアプリを利用開始したAirIDは、以降ご利用のすべての端末でバージョン2.0.0より古いAirレジアプリが利用できなくなります。複数の端末でAirレジをご利用の店舗様は、ご注意ください。

手順の詳細はこちらをご覧ください。

※Airレジアプリをご利用中の全てのデバイスで対応が必要です。

 

(2)OSをアップデートする(20分~)

新しいAirレジアプリは、iOS8.0以上の端末でご利用いただけます。iOS8.0未満の端末をご利用の方は、iOSソフトウェア・アップデートを実施してください。OSのアップデートを開始すると、20分~数時間(ネットワーク状況によってかかる時間は異なります)、端末が使用できなくなるため、閉店後や定休日など業務に差し支えのない時間帯に実施してください。

手順の詳細はこちらをご覧ください。

閉店後や定休日に実施してください

OSのアップデートを開始すると、20分~数時間(ネットワーク状況によってかかる時間は異なります)、端末が使用できなくなるため、閉店後や定休日など業務に差し支えのない時間帯に実施してください。

通信量にご注意ください

OSアップデートでは、大量のデータ通信が発生する見込みです。
ご利用中のネットワーク通信の契約で、データ通信量の制限がある場合はご注意ください。

米Apple社公式の手順ページもご利用ください

バージョンの確認方法

iPhone、iPad、または iPod touch のソフトウェアのバージョンを確認する

iOSソフトウェア・アップデート方法

iPhone、iPad、または iPod touch の iOS ソフトウェアをアップデートする

AppleID のパスワード確認方法

アプリのアップデート、ダウンロードにはAppleIDでの認証が必要です。
パスワードを忘れた場合は、こちらを参考にしてください。

今までと使い方は変わりますか?

iPadをご利用の場合、基本的な使い方は変わりません。また、レストランボードと併用する場合も基本的な業務の流れは変わりません。

ご利用イメージの動画がこちらからご覧いただけます。

推奨環境について教えてください

 

AirREGIアプリ

対応OS

iOS
iOS 8.0~
※iOSのアップデート方法についてはこちらをご覧ください。

推奨端末(動作確認済み端末)

iOS
iPad Air, iPad Air2, iPad mini2, iPad mini4
iPhone5s, iPhone6s

AirREGIバックオフィス

Window PC

推奨ブラウザ
InternetExplorer11以上 , GoogleChrome
※GoogleChromeについては最新版をサポートしております。
OS
Windows7以上

Mac PC

推奨ブラウザ
Safari
※Safariについては最新版をサポートしております。
OS
MacOS X

iPad

推奨ブラウザ
Safari
※Safariについては最新版をサポートしております。
OS
同上

 

設定情報や予約情報などのデータはどうなりますか?

レストランボードへは、これまでご利用いただいていたAirIDでログインしていただくことで、すべてのデータが自動で引き継がれますのでご安心ください。

ただし、iPhoneをご利用の方は、今お使いの「Airレジ for iPhone」アプリが、iPad向け「Airレジ」アプリと統合されるため、App Storeより新しくなったAirレジアプリのダウンロードが必要になります。データは自動で引き継がれ、これまでと同じようにお使いいただけますが、「操作音」設定に関しては、これまでの設定が引き継がれませんので再設定をお願いします。

(ホットペッパーグルメ連携されている場合)
アプリのアップデート中に即時予約がきても問題なく処理されるのでしょうか?

アプリのアップデート、ダウンロード中に即時予約が来た場合でも、レストランボードへは漏れなく予約情報が反映されますので、ご安心ください。

また、レストランボードをダウンロードしていない状況で、予約確認が必要になった場合は、Web版レストランボードからも予約情報の確認ができますので、ご活用ください。

その他

アプリをアップデート・ダウンロードする際は、顧客統合の実施をお避けください
システム側の都合により、リニューアルしたAirレジ、レストランボードの利用開始をする際は、顧客統合処理の実施を避けていただきますようお願い申し上げます。

アカウント情報の引継ぎをお忘れなく
店舗でのAirレジ管理者が変わる場合は、AppleIDやAirレジのアカント(AirID)とパスワードの引き継ぎを忘れずお願いいたします。

リニューアルについてのマニュアル

Airレジのアップデート手順など紙で手元に置いておきたい方は、下記のマニュアルを印刷してご利用ください。